フラメンコ研究家であり歌い手とし15-4sevi-fiesta3ての活動を重ねている濱田吾愛先生ならではの講座です。研究家としての膨大な知識量と歌い手としての実戦経験を兼ね備えた唯一無比の指導者です。

フラメンコがなかなか理解できない理由のひとつは、バイレであれ、ギターであれ、カンテであれ、目の前の1曲を覚えることに終始しがちでフラメンコを体系的に学ぶ機会がないからです。

このクラスでは、歌えるようになるだけでなく、レトラの意味はもちろん、曲の成り立ちや歴史、文化的背景などについても学んでいきます。そうしたことをとおして、フラメンコの全体像をつかみ、深く理解することにつなげていきます。

いまルンバ・シリーズに取り組み中。ノリがよく軽快な中にも人生の機微を混ぜ込んだルンバには、初めてカンテを歌う人にもなじみやすい曲です。

9月からは、セビジャーナスに取り組みます。初めてカンテにチャレンジする方には、最適の曲です。この機会に、カンテを始めてみませんか?

■講座の特徴
①元唄(CD)を徹底的に聴いて覚えていきます。カンテは、まずはスペイン人アルティスタをまねることからすべてがスタートするのです。
②単に曲を覚えるだけでなく、曲のバックボーンとなるアンダルシアの言葉や文化を学んでいきます。フラメンコ研究家でありカンタオーラでもある濱田先生ならではのレッスンです。
③4ヶ月に1曲のペースでマスターしていきます。
④月に1回程度、ギター伴奏が付きます。

■対象者
カンテを歌いたい人。初めてカンテにチャレンジしたい人。また、単にカンテが歌えるようになるだけではなく、レトラの奥に隠されたその曲の背景やアンダルシアの文化など、フラメンコを深く理解したい人にもお勧めです。

 

濱田吾愛(hamadawakana-thumb-250x333-7788フラメンコ研究家・カンタオーラ) プロフィール

フラメンコ及びスペイン音楽研究家。音楽評論家の父濱田滋郎の影響で幼いころからフラメンコに親しむ。立教大学文学部卒業後、音楽出版社勤務を経てフリーランスとなる。同じ頃より、エンリケ坂井氏にカンテ・フラメンコを師事。2004年より東京芸術大学で非常勤講師としてスペイン音楽を講義。スペインでもシンポジウムや公演に参加している。2010年『物語で読むフラメンコ入門~用語辞典AtoZ』を出版。現在は研究科としてのカポとは別に、カンタオーラとしても活動。ライブを重ねているとともに、カンテの指導も行っている。

開催日程
月2回 原則第2第4月曜 19:00~20:20                            ※但し、10月は第2と第5月曜になります。また、12月の第2月曜は休講。振替授業は来年1月の第5月曜に行います。                                     ※都合により、レッスン日が変更になる場合があります。
講師
濱田吾愛(フラメンコ研究家・カンタオーラ)
受講料
月謝制 7,000円(税抜)/月 入会金5,000円(税抜) ※一活払い割引有